テクノロジー

【ITエンジニア登竜門】合格までの勉強方法【基本情報技術者試験】

投稿日:2020年1月14日 更新日:

こんにちは、yassanです。
今回は、ITエンジニアの登竜門である「基本情報技術者試験」の合格までに僕がやってきたことを紹介します。
自慢話みたいになって気分が悪いかもしれませんが、習い事や勉強は、まずは上手くいっていた人の真似をするのがいいと思うので、ぜひ僕のを参考に自分なりに試行錯誤してください。
春季試験まで残り約3ヶ月ですが、まだまだ挽回できるのでこれから頑張りましょう!

基本情報技術者試験とは

基本情報技術者試験とは、一言で言うと、ITエンジニアとして基本的な知識が問われる資格試験です。
「基本的な」ってどれくらいやねん!ってツッコミたくなると思います。
僕はこの資格、学生が持っていたら「超頑張って勉強したんだなぁ」って思いますし、勤めて1~2年のITエンジニアが持っていたら「時間見つけて頑張って勉強したんだなぁ」って思います。
目安になってるかわかりませんが、それくらいの基本レベルです。

この資格をもっているとどんな良いことがあるかと言うと、正直特にありません。
ただ、僕のような感受性の豊かな人からは「頑張ったんだなぁ」って思われるのがメリットでしょうか。
本質的には、わざわざ暗記するようなものもほとんどありません(ぐぐれば瞬時に理解できることは覚えなくても良いと僕は思っています)。
まぁでも、暗号鍵とかディジタル署名らへんはふつうに仕組みが面白くてほほぉ〜ってなるので楽しいですよ。

僕の経歴

経歴というか、僕の基本的な情報です。
基本情報技術者は令和元年秋季試験で合格しました。
点数は午前も午後も70点くらいでした。
選択したプログラム言語は「C」、選択問題は「ソフトウェア」「データベース」「ネットワーク」「経営戦略・企業と法務」です。
あとはなんだろう、受験前にメガネを買い換えたので、慣れないメガネをかけるハンデを背負っていました。

ちなみに、2013年だったか14年だったかにITパスポートは取得済みです。
あとは、大学はコンピュータサイエンスを専攻していました

僕は記憶能力が低い人間なので、毎日テキストを読んだり、いくつかの休日を問題集を解くなどしました。
こういう地道に勉強して合格する人もいることも覚えておいてもらえると良い(?)かと思います。

僕の取り組み

さて本題です。
僕がどのような取り組みをしたかご紹介いたします。

6月:書籍購入

まずはじめに、参考書と過去問題集を買いました。

参考書はインプレス社の「徹底攻略 基本情報技術者 教科書 2019年度」を買いました。
こちらの書籍を選んだ理由としては、電子版が無料でダウンロードできるからです(2019年度初版)(リンクは令和02年版)。
結局電子版はダウンロードしませんでしたけどね。

過去問題集は技術評論者の「基本情報技術者 過去問題集 2019」を買いました。
こちらの書籍を選んだ理由は特にないです。
たまたま書店で目に入りました。
過去問が4回分ついています。
ブログを書いているときに気づいたんですが、PDFも含めると17回分あるみたいです。知らんかった。

7月:充電期間

書籍は買ったものの、特に何もしませんでした。
ま、そんなもんですよね笑

8月:参考書の読み込み

8月というか、厳密には7月下旬くらいから参考書を読みはじめました。
方法としては、寝る前にちょっとずつって感じです。
ありきたりかもしれませんが、これを毎日やっていました。

テキストを読んでもわからないところは、ぐぐってちゃんと調べるみたいなこともしてました。
それはまぁ、空いてる時間で。

9月:過去問を解く→間違えたところを深掘り

9月の中頃からは、過去問題集を解きはじめました。
「午前が解けないとそもそも話にならん」って思ったので、まずは午前だけ2年分解いて、間違えたところとわからなかったところは記録して解けるようにしました。
その後の1年分は、本番形式で時間を測って解きました。

ここで午前の手応えができたので、午後問題を解きました。
とりあえずまず1年分、いきなり本番形式で時間を測って解いてみました。
正直、結果はボロボロで、時間を超過しても意味不明で非常に困りました。
ここで参考書やグーグル先生を駆使して知識を詰め直しました。

10月:午後過去問を解く

10月になりましても、2年分の午後の過去問を解きました。

ちなみに、午後問題の選択問題はここまでの3年分全部解いてみてます。
この3年分で、本番どれを選択するか目星をつけました。

最後に、午前午後併せて本番形式で解いて、いざ本番です。
(これで合わせて4年分解いたことになりますね!)

本番では、僕は時計と消しゴムを忘れました。
みなさんは忘れ物しないように注意してください。

おわりに

さて、今回は「基本情報技術者」の合格までの道のりを紹介しました。
これから取得に向けて頑張る人も、暇だから読んでくれている人も、ここまで読んでいただいてありがとうございます。
yassanは頑張る皆様を陰ながら応援してます。

じゃあ僕は応用情報の勉強があるのでこの辺で!ばいばい

-テクノロジー
-,

執筆者:

関連記事

ElasticIPアドレスとは?学んだことをまとめてみた【初心者エンジニアのAWS備忘録⑤】

こんにちは、yassanです。今回は「ElasticIPアドレスとは?学んだことをまとめてみた【初心者エンジニアのAWS備忘録⑤】」を紹介します。 AWSでは、Elastic IP と言う概念が登場し …

オンプレとAWSの違いって?【AWS入門】

こんにちは、yassanです。今回は「オンプレとAWSの違いって?【AWS入門】」についてお話しします。 最近、AWSやクラウドってどこかしこで聞きますよね。クラウドに馴染みのない方からしたら「なんか …

【入門者向け】Bootstrap(ブートストラップ)とは?【3分で解説】

こんにちは、yassanです。今回は、入門者向けにBootstrapについて、簡単に解説いたします。 「入門者」といえど様々なレベルがありますが、ここでは、”htmlとcssを使って、静的なWebペー …

S3とは?学んだことをまとめてみた【初心者エンジニアのAWS備忘録⑥】

こんにちは、yassanです。今回は「S3とは?学んだことをまとめてみた【初心者エンジニアのAWS備忘録⑥】」を紹介いたします。 S3も、AWSを利用するうえで、基本的かつ重要なものになります。しっか …

Route53とは?学んだことをまとめてみた【初心者エンジニアのAWS備忘録③】

こんにちは、yassanです。今回は「Route53とは?学んだことをまとめてみた【初心者エンジニアのAWS備忘録】」を紹介いたします。 今回ご説明するRoute53は、VPCや EC2に比べて前提と …