Python

【Python】グローバル変数が更新されない時の対処法

投稿日:2021年4月20日 更新日:

Pythonでグローバル変数を取り扱っているとき、関数内でグローバル変数の値を更新しても、更新が反映されていないということはないでしょうか。

これには、Pythonのお作法が関わっています。
この解決法と、グローバル変数について解説します。

結論:関数内でglobalステートメントを記述する

例えば、以下のようなソースコードがあったとします。

a = 'before'

def update():
    a = 'after'

# ここでの出力は'before'
print('a:', a)

update()

# ここでの出力はupdateを実行したので'after'
print('a:', a)

ソースコードの中のコメント通り、2回目の出力ではaの値がafterになっていることを期待します。
では、実行結果です。

a: before
a: before

というわけで、残念ながらbeforeのままでした。
そこで、プログラムの4行目にglobalステートメントを追記します。

a = 'before'

def update():
    global a       # ここに追加
    a = 'after'

# ここでの出力は'before'
print('a:', a)

update()

# ここでの出力はupdateを実行したので'after'
print('a:', a)

実行結果は、下記の通りです。

a: before
a: after

ちゃんと2回目の出力結果がafterになりました!

補足

関数内ではグローバル変数と認識しない

Pythonの場合は、クラスや関数の外で宣言したものはグローバル変数となります。
これは、他の多くの言語と共通していることと思います。

加えてPythonの場合は、クラスや関数内でグローバル変数を利用する場合には、そこでこの変数はglobal変数だということを明記しないといけないです。

つまり、上記、main1.pyの場合では、global変数のaと、update関数内でのaは別物(ローカル変数a)として取り扱っているということです。

特にエラーが出るわけでもなく、気が付きにくいので注意しておきましょう。

-Python
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Python】pytestの使い方【テスト駆動開発】

今回は、テスト駆動開発の足掛けとして、pytestの使い方を紹介します。 テスト駆動開発とは、テストのことを第一に考えて実装する開発法のことです。アジャイル開発のように、設計・開発・テストを短く繰り返 …

【Kivy】一番簡単なKivyのインストール手順【Python】

Python用のGUIツールとして、海外では知名度が高いのがKivyです。Kivyは、マルチプラットフォーム対応ですので、Pythonでのアプリ開発の選択肢が大きく広がります。 Kivyの環境構築は、 …

【Kivy入門】Button押下で動作するアプリの作り方【Python】

Kivyを使った簡単なGUIアプリケーションを作成します。無理のない情報量で、適宜解説をしていますので、Kivyでアプリを作ってみようかな!と考えている方は、参考にしていただけると嬉しいです。(Kiv …

【Kivy】AttributeError: ‘ROOT’ object has no attribute ‘_disabled_count’の対処法【Python】

Kivyでのアプリ開発をしていると、このようなエラーに出くわすことがあります。こちらのエラー対処法を紹介します。 目次1 結論:Widgetを定義したクラスのコンストラクタを修正2 補足2.1 発生条 …

【Kivy】ボタンのフィードバックと重い処理を分ける方法【Python】

Kivyでアプリ開発をしていると、MVCのように処理と表示を分けたくなることがあると思います。その時、ボタンをトリガーにすると、ボタンのフィードバックのタイミングが処理の終了タイミングと同じになってし …

yassanさんのプロフィール写真

yassan
R&Dエンジニア。
新卒で大手の社内SEになったもののスキルアップのためにITベンダーに転職。
技術調査からプログラミングまで幅広くやってます。
趣味はバイクとガジェットと遊戯王カードです。