Life_Style その他 ガジェット

海外旅行初心者ならプリペイドSIM「Three」がおすすめ【経験談】

投稿日:2020年4月8日 更新日:

海外旅行の準備、初海外、携帯回線はどうしようかな?WiFiかな?
なるほど、プリペイドSIMというのが良いらしい、どのプリペイドSIMにしようかな
読者が抱える問題:プリペイドSIMにしようと思ったけどどれが良いかわからない
読者が読む価値:Threeの良さを知ることができる
記事の根拠や信頼性:

こんにちは、yassanです。
今回は「海外旅行初心者ならプリペイドSIM「Three」がおすすめ【経験談】」を紹介します。

初めて海外旅行に行く方にとって、普段使っているスマホが海外でも普段通り使えると、非常に心強いですよね。
スマホは、カメラや地図やSNS、電車の時刻表から穴場の飲食店まであらゆる面で活躍します。
そんなスマホを海外で普段通り使うには、ポケットWiFiやプリペイドSIMを使って各国の携帯回線に接続できる状態にする必要があります。

その方法に関して、僕はプリペイドSIMを使うことをおすすめします。
僕自身、プリペイドSIMを使うことで、海外旅行でも快適にスマホを使うことができました。

というわけで今回は、
「初めての海外旅行だけどプリペイドSIMってどれを選べばいいの?」
「機械音痴だけどプリペイドSIMってどれを選べばいいの?」
といった疑問を解消できるような内容にします。

初心者にこそプリペイドSIMをおすすめする理由

そもそも、なぜプリペイドSIMを僕がおすすめするかを紹介します。

国内で設定ができる

国内で設定ができることです。
多くのプリペイドSIMは、国内で設定をすることができます。
したがって、出国前に設定してそのまま飛行機に乗り、現地に着いたらそのまま空港で使うことができます。
(もちろんのことですが、機内では電源を切るか機内モードなど電波を発しない状態にしましょう!)

また、Androidスマホを使っている方は、もう一つメリットがあります。
Androidスマホの中でも、SIMカードが2枚挿すことができる機種があります。
これはデュアルSIMと呼ばれ、最近のAndroidスマホでは標準搭載しつつあります。
デュアルSIMの場合、普段国内で使っているSIMカードと、海外旅行用のプリペイドSIMを同時に挿すことができます。
したがって、行き帰りの空港でSIMを交換する必要がなく、自宅などで落ち着いて設定することができるのです。

SIMカードに強くなれる

SIMカードに強くなれます。
スマホについて詳しくなく、SIMカードが何かわからない人にとっては、プリペイドSIMは一見するとハードルが高く感じるかもしれません。
しかし、実際にやってみると、SIMスロットのカードを交換して、APN設定をするだけなので、ものの数十分で終わります。
また、設定手順もネットに山ほど転がっているので、これができないという人は、ただやってみたことがないだけと言わざるを得ない状況です。

そうまでしてSIMカードに強くなるメリットって何かというと、格安SIMに乗り換えるきっかけになることです。
格安SIMについては、わざわざ説明するまでもないですが、大手キャリアよりも大幅に安い料金で携帯回線を利用できるサービスですね。
なぜ格安SIMが安いかというと、その理由のうちの一つが、SIMカードの設定を業者ではなく利用者がやるからです。(ようは設定の手間賃を省いているのです)
プリペイドSIMでSIMカードを交換・設定することが案外簡単なことに気づくと、大手キャリアを利用している方は、こんなことに手間賃を払っていることが馬鹿馬鹿しく感じるでしょう。
プリペイドSIMでSIMカードに強くなることで、大手キャリアから搾取される状況から脱出するきっかけを作れます。

通信量が余ったら帰国後に使える

通信量が余ったら帰国後に使えます。
プリペイドSIMの通信量を使い切ることなく帰国した場合、その余った通信量は国内で使うことができます。
(そのプリペイドSIMのローミング対象に日本が含まれる場合)
つまり、購入した通信量は無駄なく使い切ることができるのです。

ぶっちゃけ、海外ではホテルやカフェ・飲食店でWi-Fiが使えるところが多いので、案外携帯回線の出番が日本ほど多くないなんてことがあります。
(もちろん行き先にもよりますよ)
もしそうなったとき、例えばポケットWi-Fiを持って行っていたら、高い料金を払ったのにほとんど出番がなかったと、大きく損をしてしまいます。
プリペイドSIMなら、帰国後も使えるため、とりあえず損をすることはありません。

「Three」を勧める理由

色々あるプリペイドSIMの中で僕が「Three」をおすすめする理由を紹介します。

使える国が多い

使える国が多いです。
特に、ヨーロッパ圏を中心に、イギリス、ドイツ、フランス、イタリアなど48カ国に対応しています。

僕がこれまで「Three」を使用して行ってきた国は、イギリス・チェコ・フランス・香港・マカオです。
どこでも問題なく、快適に携帯回線を使うことができました。

ちなみに、日本では使えません…
僕はデュアルSIMのAndroidスマホを使っているので、普段使っているSIMカードとプリペイドSIMを挿していました。

安い

安いです。
1GB・30日で 950円
3GB・3ヶ月で 1,740円
12GB・12ヶ月で 5,680円
という感じになっています。

例えば、1GB・30日の場合は、「1GBを使い切る」あるいは「最初に使用してから30日経過した」時点で使用終了になります。
格安SIMより少し高いくらいの料金で使えますね。
めちゃくちゃ安いです。

僕の場合は、さっき挙げた5カ国を1ヶ月間の間に移動していたので、1GB・30日のプリペイドSIMを購入して使っていました。
合計で2週間くらい海外にいたことになりますが、1GBでも余りましたね…
どこにでもWi-Fiがあるので

通信が安定してた

通信が安定していました。
ただの感想です。
基本的に3G回線でしたけど、全然問題なかったです。
繰り返しになりますが、僕が行った国は、イギリス・チェコ・フランス・香港・マカオです。
どこでも安定した通信を行うことができました。

Amazonのレビューを見た感じも、かなり評価が高いですね。

そのほか良いところ

テザリングが可能です。
スマホだけでなくPCやタブレットを持っていく人にもおすすめできますね。
あるいは、複数人で行動するのなら、1人が12GB購入して、それをテザリングで共有するといったポケットWi-Fi的な使い方ができますね。

SIMのサイズがmini, micro, nanoの全ての種類が揃っています。
購入後に自分に合ったサイズに切り抜くだけで使えます。

注意点

プリペイドSIMを利用するには「SIMロック端末」では不可能です。
SIMロックを解除するか、SIMフリー端末を用意してください。
(SIMロックは本当に悪き風習です…)

携帯回線を使った音声通話はできません。
LINEなどのインターネット回線を使った音声通話はできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
コロナウイルスの騒動が収まったら、海外旅行へ行きたいですよね。
その時はぜひ、プリペイドSIMを使ってみてください。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

-Life_Style, その他, ガジェット
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【節約】同棲初期費用を抑える方法3選【同棲費用】

こんにちは、yassanです。今回は「【節約】同棲初期費用を抑える方法3選【同棲費用】」を紹介します。 「同棲したいな~」と思っても、現実には高額の費用がかかりますよね。せっかく気持ちが前に向いている …

iPad Proのポテンシャルを32倍引き出せるアイテム4選

こんにちは、yassanです。今回は「iPad Proのポテンシャルを32倍引き出せるアイテム4選」を紹介いたします。 iPad Proをお持ちの皆様、iPad Proを使いこなせていますか? iPa …

たった7記事でGoogleアドセンスに合格する方法【ブログ】

こんにちは、yassanです。今回は、たった7記事でGoogleアドセンスに合格する方法を紹介いたします。僕は去年のクリスマスからブログを書き始めて、2月の頭に合格することができました。当時の記事数が …

プロテインがダマになる時の超絶簡単な対処方法

こんにちは、yassanです。今回は「プロテインがダマになる時の超絶簡単な対処方法」を紹介します。 プロテインといえば、一昔前はマッチョを目指す人のための筋肉増幅食品といった立ち位置でした。最近では、 …

【DAYTONA & LEXIN】バイクインカムの比較【レビュー】

こんにちは、yassanです。今回は、バイクインカム比較してみたというタイトルで、DAYTONA DT01とLEXIN B4FMを比較してみました。当然の事ながら、両方とも持っていますし何度か使ってい …

yassanさんのプロフィール写真

yassan
R&Dエンジニア。
新卒で大手の社内SEになったもののスキルアップのためにITベンダーに転職。
技術調査からプログラミングまで幅広くやってます。
趣味はバイクとガジェットと遊戯王カードです。