AWS クラウド

【AWS】超簡単にEC2インスタンスにRDPする方法【Fleet Manager】

こんにちは、yassanです。
今回は、超簡単にEC2インスタンスにRDPする方法を紹介します。

以前に、EC2インスタンスにポートフォワーディングでRDPする方法を紹介したのですが、正直この手順はめんどくさいです。

そこで、今回はもっと簡単にRDPする方法として、Fleet Managerを使った方法を紹介します。
ちょっとブラウザ上での挙動が見たいだけのときなんかは、今回紹介する方法の方が向いていると思います。

ぜひ試してみてください。

Fleet Manager とは?

Fleet Managerとは、
Systems Manager の数ある機能の中の一つです。

SSM AgentがインストールされたEC2インスタンスなどを対象に、マネジメントコンソールから管理することができます。

今回のRDPも、その管理機能の一つです。
対象のインスタンスに、ブラウザ上からRDPすることができます。

ちなみに、Fleet Manager 自体は無料ですので、料金を気にすることなく利用することができます。

Fleet Manager を使ってRDPしてみる

では、実際に Fleet Manager を使ってRDPしてみます。

前提として、以下2点を満たした状態とします。

①EC2インスタンス(Windows Server)が立ち上がっているものとします。
(SSM Agentに関してはデフォルトでは最初からインストール済みのため、別途インストールする必要がありません。)

②SSMに関するIAMロール・VPCエンドポイントの設定が完了しているものとします。
今回は、VPCエンドポイントを経由してRDPします。
詳しい設定は、過去の記事をご参考ください。

というわけで、これらがそろったらRDPしてみます。

まずは、マネジメントコンソールの検索窓から、Systems Managerの管理画面に遷移します。

左ペインにフリートマネージャーがありますので、こちらを選択します。

Managed nodesに、フリートマネージャーの管理下にあるインスタンスをさします。
RDPしたいインスタンスにチェックを入れ、「Node actions」 から 「Connect with Remote Desktop」を選択します。

接続するための情報を入力します。

「Connect」を選択した後は、接続のためにしばらく待ちます。

しばらく待つと、デスクトップが表示されます。
なんと、これだけで完了です!

ブラウザ上ではありますが、普通のRDPのように操作することは可能です。
(ブラウザの設定にもよりますが、クリップボードの共有も可能です)

セッションの時間は60分までとなっています。
また、一定時間操作をしていない場合もセッションが終了します。

ちょっと小ネタですが、、、
RDPが小さくて見にくいときは、Fleet Manager の左ペインのメニューを表示させると画面が大きくなります。

上と比較すると、画面が大きくなりましたね笑

セッションを終了するときは、「セッションの終了」を選択します。

まとめ

というわけで、超簡単にEC2インスタンスにRDPする方法を紹介しました。

手軽にEC2インスタンスにRDPしたいときなどに、ぜひ使ってみてください。

以上、超簡単にEC2インスタンスにRDPする方法でした。

AWS学習におすすめの書籍

AWSについて、しっかりと基礎から学びたい、実践的なスキルを身につけたいと考えている方向けに、おすすめの書籍を紹介します。
これらの書籍は、実際にAWSエンジニアとして働く僕が参考にしている書籍です。

AWSエンジニア入門講座――学習ロードマップで体系的に学ぶ

AWSを使いこなすための前提となるITインフラの知識が足りない初学者にとって、どこからどのように学べばよいのかがわかりづらくなっています。そこで本書では、AWS学習サイト運営YouTuberである監修者自身が実サービスの導入で習得しながら体系化した「学習ロードマップ」に沿って、AWSのサービスとIT技術をやさしく解説していきます。

著者が作成した学習ロードマップに沿って、AWSやインフラストラクチャを体系的に学ぶことができます。
付属のロードマップの完成度が高く、学習に迷ったときや復習にも使えます。
これからAWSエンジニアを目指す方や、インフラストラクチャを基礎から学びたい方におすすめです。

Amazon Web Services 業務システム設計・移行ガイド

オンプレミス上に構築された業務システムをAWS上に移行するための「サービスの選定」「ネットワーク設計・構築」「サーバとデータの移し方」「運用・監視体制の構築」など。これまで多くの企業にAWSを導入し、コンサルティングフェーズから実際の設計・開発、運用フェーズまでの全行程に携わってきた著者陣のノウハウを凝縮して、一般的な企業にAWSを導入する際のベストプラクティスをお届けします。

実務を想定した様々なユースケースとそれに対するベストプラクティスを、設計構築から運用まで幅広くカバーして紹介しています。
タイトルからは移行に焦点を当てたように見えますが、僕としては移行に限らずエンタープライズとしてAWSを利用する上で知っておくべきことが記されていると思います。
より実践的な知識やノウハウを身に着けたい方、初学者から一皮むけたい方におすすめです。

-AWS, クラウド
-, , ,