Tech

RDSとは?学んだことをまとめてみた【初心者エンジニアのAWS備忘録④】

投稿日:2020年4月29日 更新日:

こんにちは、yassanです。
今回は「RDSとは?学んだことをまとめてみた【初心者エンジニアのAWS備忘録④】」について紹介します。

これまで、VPC、EC2、Route53についてご紹介してきました。
今回は、AWSのデータベースであるRDSについて解説いたします。

RDSとは?

RDSとは、Relational Database Serviceの略で、Amazonが提供するデータベースサービスです。

RDSは以下の6つの特徴があります。

  • 管理が簡単
    AWSなので、マネジメントコンソール(GUI)から管理ができます。
  • 高いスケーラビリティ
    クラウドの恩恵ですね、デプロイ後でもリソースをサクサク変えれます。
  • 可用性と耐久性
    最大35日自動バックアップをとります。スナップショットも可。マルチAZ配置と呼ばれる、複数のAZを複製配置することができます。
  • 高速
    よく分かりませんが、IOPSストレージを利用するとすごく早いらしいです。汎用SSDももちろんあります。
  • セキュア
  • よく分かりませんが、セキュアらしいです。VPCに配置することで、さらにセキュアになるらしいです。
  • 安価
    初期投資は不要です。使った分だけ料金が発生します。

と、まぁこんな感じです。
クラウドに共通して言えることですが、やはり物理でDBサーバを準備しなくて良い部分は大きいですね。

RDSが対応しているデータベースエンジンは、以下の6つです。

  • Amazon Aurora
  • MySQL
  • MariaDB
  • Oracle
  • Microsoft SQL Server
  • PostgreSQL

メジャーどころをしっかり抑えていますね。
(Amazon Auroraは初めて聞きましたが…)

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、少し短めになってしまいました。
RDSのメリット=クラウドのメリットみたいな感じでしたね。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

-Tech
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SE】テスト工程の道しるべ

こんにちは、yassanです。今回は「【SE】テスト工程の道しるべ」を紹介します。 新人エンジニアの方がシステム開発のキャリアを歩む上で、最初に担当する工程として最も多いのがテスト工程かと思います。テ …

SREって何?【サイトリライアビリティエンジニアリング・エンジニア】

こんにちは、yassanです。今回は「SREって何?【サイトリライアビリティエンジニアリング・エンジニア】」を紹介します。 トレンド?というほど流行しているかは微妙ですが、じわじわと認知度を高めている …

Route53とは?学んだことをまとめてみた【初心者エンジニアのAWS備忘録③】

こんにちは、yassanです。今回は「Route53とは?学んだことをまとめてみた【初心者エンジニアのAWS備忘録】」を紹介いたします。 今回ご説明するRoute53は、VPCや EC2に比べて前提と …

オンプレとAWSの違いって?【AWS入門】

こんにちは、yassanです。今回は「オンプレとAWSの違いって?【AWS入門】」についてお話しします。 最近、AWSやクラウドってどこかしこで聞きますよね。クラウドに馴染みのない方からしたら「なんか …

新卒で社内SEになるメリット・デメリット

こんにちは、yassanです。今回は「新卒で社内SEになるメリット・デメリット」を紹介します。 社内SEといえば、ホワイトな印象の強い人気の職種です。ITエンジニアの転職先として、非常に人気であること …